人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「特定技能」の在留外国人は約1600人

外国人材の受け入れ拡大に向けた新たな在留資格、「特定技能」を取得し日本で働いている外国人は、去年12月末時点で1600人余りとなりました。
出入国在留管理庁によると、去年の12月末時点で新たな在留資格である「特定技能」を取得し、日本で働いている外国人は1621人とのこと。国籍・地域別に見ると、ベトナムが901人と全体の半数以上を占めて最も多く、次いでインドネシアが189人、フィリピンが111人などとなっています。
また、分野別では「飲食料品製造業」が557人、「農業」が292人、「産業機械製造業」が198人などとなっています。
さらに、都道府県別では愛知県が127人、埼玉県が112人、大阪府が103人などとなっていて、出入国在留管理庁は、「今後も受験機会の拡大や制度の周知に努めていきたい」としています。

by gobit0610 | 2020-02-26 22:56